皆様こんにちは。院長の本間憲章です。
今回、いそべ歯科診療所のホームページを、歯科衛生士の小林真澄さん(2010年6月退職)と歯科助手の武田めぐみさんの
共同作業で作成してくださいました。パソコンといえばインターネットを見たり、メール交換したりという程度の二人が、
患者さんの鈴木順大君のご指導を受けたとはいえ、ここまで作成してくれるとは、嬉しい限りです。 
院長からのページもあるので、一言ほしいと言われ書き始めました。

いそべ歯科診療所は、千葉市の海浜地区にオープンして、すでに31年が経過しました。多くの患者さんが親子二代、
いや三世代にわたって通院して下さる位に、ファミリーデンティストとしての役割を果たして来ました。
思い起こせば、日本歯科大学卒業後、東京女子医大歯科・口腔外科学教室にて、口腔外科界の重鎮といわれた
故 村瀬 正雄教授の最後の門下生として学んだ後、スウェーデンへの留学経験のあった河西一秀教授にも指導を受け、
海外に飛び出したいとの思いに駆られ、米国留学致しました。

更にカナダへ渡り、モントリオール ジェネラルホスピタルに勤務、アメリカ・カナダでの病院生活を3年半ほど経験し
帰国、海浜地区でスタートした私の開業医生活は、多くの患者さんや優秀なスタッフ達に支えられ、
今では医療法人 本間歯科として千葉県内に5ヶ所の歯科医院を運営するまでになりました。
現在ここ いそべ歯科診療所には、経験豊かな歯科医2名が在籍し、私は月曜と水曜の2日間こちらで診療しています。
私の自慢は、この診療所に通われる皆様のお口の中のレベルの高さです。

とても良く手入れされた歯というのは、若さと健康を守ります。
私は、昔学んだ北米の歯科医療に対する妥協しない治療のレベル維持を常に心がけ、ホリスティック歯科医療を実践し、
若手
Drたちにも、その哲学や技術を指導してきました。その姿勢は、患者さんのお口の中のレベルの高さに現れていると
自負しています。最近では、インプラント(人工歯根)で入れ歯(義歯)のわずらわしさから開放されたと大喜びで、
定期健診とクリーニングで来院している方のなんと増えた事か。時代の流れを感じます。

「健康とは、良く手入れされた歯でバランスのとれた食生活をし、
      音楽や花、自然との触れ合いの時間を作り、心を癒し、適度なスポーツで体を動かす」 

このような生活から生まれるものです。    

私はこれらの事を自らも実践し、ご指導し皆様の健康な生活をサポートしてゆく事が天命だと確信し、努力してゆきたいと
考えています。どうぞ皆様、私達のスタッフと共に、お口の中を健康な状態へ更なるレベルアップを始めましょう。   

いそべ歯科診療所では、美しいバラと心癒される音楽と共に、皆様をお迎えします


                
                                
2005年9月 いそべ歯科診療所 院長 本間憲章

院長 本間 憲章

千葉県松戸市出身。私立暁星学園高校卒、日本歯科大学卒業後、東京女子医科大学口腔外科教室へ入局。
村瀬正雄教授・河西一秀教授に師事。
その後、米国ミシガン大学へ留学、更にカナダへ渡り、
マギル大学付属モントリオール ジェネラルホスピタルにて勤務。
医師・歯科医師の両資格を持つ口腔外科専門医のDr.Keneth.C.Bentleyに師事。
救急歯科外来を中心に口腔外科Osteotomyの研鑚を積む。
北米生活3年半の後、帰国。千葉市にて開業、千葉県内に5ヵ所の歯科医院を開業し、
現在、医療法人社団 本間歯科の理事長、ならびに医療法人 千寿会の理事を務める。

医学博士
ICD国際歯科学士会Fellow
日本歯科大学付属病院総合診療科、臨床教授
日本メタルフリー歯科学会、理事長
ICOI国際インプラント学会 アジア太平洋地区 認定医 審査委員歴任
日本顎顔面インプラント学会運営審議委員
日本口腔外科学会会員
日本口腔インプラント学会会員
暁星歯学会 会長
日本歯科大学臨床講師歴任
厚生労働省認定 臨床研修医指導医として若手歯科医を指導する立場でもあり、
口腔外科 インプラント手術歴30年以上。

趣味はスキー、テニス、フライフィッシング等 スポーツ全般。木工やガーデニングにも手を伸ばし、
特にバラの花が大好きで、各診療所にはバラが植えられている。
また、Dr.Honma's Rose Gardenでは、社会貢献・文化活動として、
The Guiding Rose for the cultivation of Talent (略称 GRCT)というNPO活動を通じ、
心豊かな人たちとともに、クラシック音楽家への支援活動も行なっている。

Noriaki Honma
Dr.HonmaEssay